令和元年度 創意工夫受賞者の決定について

2020年3月12日

令和元年度 第10回林業経営「創意工夫」表彰行事 受賞者

1.優秀賞

受賞者 樹々の会
受賞テーマ 女性グループの山村ビジネス ~クロモジの商品開発~
内容 クロモジの葉でお茶を作ることに端を発し、クロモジ茶葉を使ったソフトクリーム、飴、入浴剤などを次々と商品化。商品のネーミングやロゴマークに、女性ならではの視点とセンスが活かされている。
住所 京都府
受賞者 川又 正人 氏
受賞テーマ 「コンテナ苗植栽篭」の開発と誰でも自由に使用できるための特許出願
内容 コンテナ苗を背負って運搬し、背負ったまま植栽できる「篭」を考案。これまでコンテナ苗を運搬・配付していた労務がなくなり、労働生産性が向上した。考案者の川又氏は実用新案に登録し、誰でも利・活用できるよう、普及に努めている。
住所 岩手県

2.奨励賞

受賞者 河方 恭平 氏
受賞テーマ チェンソーに取り付ける丸太の背割り道具
内容 チェンソーを使って、丸太にまっすぐ背割りを入れられる道具を考案。安価かつ身近にある材料で作ることができ、軽量なので取扱いや持ち運びにも便利である。
住所 岐阜県
受賞者 梅内聚落
受賞テーマ 集落のエネルギー産業おこし
内容 「作業は楽しく共同で、収益は公平に」を合言葉に、集落林700haと個人所有林1,200haを舞台に収益間伐、C材のバイオマス発電用チップ化、薪の駅プロジェクトと活動の幅を広げている山村集落の取り組み。
住所 秋田県

林業経営「創意工夫」受賞者一覧