会誌「山林」

本会の会誌『山林』は、明治15年1月の本会創立とともに刊行され、以後一回の欠号もなく発行をつづけ、既に1600号を超えています。本誌は、明治以降のわが国林業の生き証人としても高い評価を得ています。

  • 毎月1回、5日発行。
  • 会員の方には無料で配布いたしております。
  • 一般の方が購読される場合は、1冊400円になります。

山林 No.1648 2021年9号目次

PDF形式

※横にスクロールできます
ウッドショックを地域林業活性化の契機に赤堀 楠雄2
特集 平成林業逸史(18)
日本産木材の輸出拡大に向けた取組
井上 幹博10
シリーズ 「木のルネサンス」と林業の将来(15)
D・オースター『縮む地球』の魅力
熊崎  実18
特集 東日本大震災から10年目のいま(3)
野生きのこの放射能汚染
小松 雅史26
シリーズ 地域公有林の系譜と未来(6)
大規模市有林の委託管理と循環利用
─持続可能な受託組織と費用負担の模索─
志賀 和人
早舩 真智
34
「令和2年度 森林・林業白書」の概要加藤 靖之43
カラマツの来た道
北海道はなぜカラマツなのか(8)
坂東 忠明52
林業動静年報 研究・教育編
オフィスの内装木質化の効果測定の試み
─オフィスの木質化における高齢層労働の生産性向上の実証について─
上河  潔64
林産物貿易レポート
欧州諸国の国内総生産に対する林業の寄与
立花  敏56
山里紀行
8月12日
内山  節58
森の採譜
共鳴
丹治富美子60
緑の切手
森林トピックス(133)「国際植物防疫年─ポルトガル」
羽賀 正雄63
林業経営推奨行事入賞者の紹介51
新刊図書紹介62
林材界時報72
記者クラブから74
表紙写真に寄せて表紙2
編集部たより表紙3
「創意工夫」表彰行事のご案内表紙4

前5ヵ月分の目次