会誌「山林」

本会の会誌『山林』は、明治15年1月の本会創立とともに刊行され、以後一回の欠号もなく発行をつづけ、既に1600号を超えています。本誌は、明治以降のわが国林業の生き証人としても高い評価を得ています。

  • 毎月1回、5日発行。
  • 会員の方には無料で配布いたしております。
  • 一般の方が購読される場合は、1冊400円になります。

山林 No.1664 2023年1号目次

PDF形式

※横にスクロールできます
年頭所感
潤いと回復、そして飛躍の年に
沢田 治雄2
琉球列島における福木巨木の樹齢・分布・歴史について仲間 勇栄6
特集 平成林業逸史(34)
FSC認証から見る日本林業
速水  亨14
シリーズ 森林の多面的利用で生み出す新たな森林経営(5)
「もりぐらし」による別荘地のブランディング
徳田 圭太23
国産早生樹材の加工特性藤本 清彦31
森林経営管理制度の普及に向けて
─令和3年度末実績を中心に─
福田  淳40
コロナ禍における大学教育 最終回
(15)琉球大学農学部におけるコロナ対応の状況
大田伊久雄49
林業動静年報 研究・教育編
デジタル森林浴が心身のストレスを低減する
高山 範理58
林産物貿易レポート
新型コロナウイルスパンデミック期における森林認証実績の変化:PEFC
立花  敏52
山里紀行
栃の実
内山  節54
森の採譜
飛翔と進化
丹治富美子56
緑の切手
森林トピックス(142)「世界林業会議─昆明ほか」
羽賀 正雄67
林材界時報68
記者クラブから70
表紙写真に寄せて表紙2
編集部たより表紙3
新年のご挨拶表紙4

前5ヵ月分の目次