会誌「山林」

本会の会誌『山林』は、明治15年1月の本会創立とともに刊行され、以後一回の欠号もなく発行をつづけ、既に1600号を超えています。本誌は、明治以降のわが国林業の生き証人としても高い評価を得ています。

  • 毎月1回、5日発行。
  • 会員の方には無料で配布いたしております。
  • 一般の方が購読される場合は、1冊400円になります。

山林 No.1620 2019年5号目次

PDF形式

※横にスクロールできます
森林産業の構築に向けて
─日本の林業を経営するのは誰か─
川井 秀一2
私の林業経営
林業経営を通した那珂川町の振興
─示現神社の宮司を務めながら─
和地 秀美12
特集 脱「国産材産地」時代の森林・林業・木材産業(2)
脱国産材産地化を進める木材産業
─地域ブランドから企業ブランドへ─
山田 壽夫18
特集 木質バイオマスエネルギー利用の動向と課題(5)
発電用燃料材の証明ガイドラインの運用実態と課題
前川 洋平26
チェーンソー伐木作業の日本版安全ゲームの開発山田 容三34
令和元年度 林野関係予算の概要原嶋 広行43
林業動静年報 木材産業編
土木構造物への木材利用による地球温暖化緩和効果と地域への経済波及効果
野田  龍56
林産物貿易レポート
東南アジア主要木材生産国3カ国における丸太の生産と貿易
立花  敏48
山里紀行
農山村の多様性
内山  節50
森の採譜
「令和」
丹治富美子52
緑の切手
樹木シリーズの旅(38)「ノーフォーク島」
羽賀 正雄65
新入会員紹介54
新刊図書紹介55
林材界時報66
記者クラブから68
表紙写真に寄せて表紙2
編集部たより表紙3

前5ヵ月分の目次