「創意工夫」表彰行事

大日本山林会では、平成22年度から、林業経営の現場で役立つ技術的な発明、改良、創意工夫事案を顕彰する「林業経営『創意工夫』表彰行事」を実施しています。

表彰の対象は、森林造成から伐採・搬出、林業経営・管理など、広範囲に渡っています。

募集は、毎年、9月1日に開始し、締め切りは翌年1月末日です。
2~3月に学識経験者からなる審査委員会において審査を行い、5月に開催される本会の通常総会の場で表彰いたします。

賞には、優秀賞と奨励賞があり、大日本山林会会長から賞状と副賞が授与されます。

応募される場合は、
①「創意工夫」を開発されたご自身(グループ等を含む。)から申請していただく
②関係者から推薦していただく
2つの方法があります。

これまでに受賞された方及び受賞内容は、以下のとおりです。

  • クリタケ栽培
    写真で見る“間・択伐林の伐根クリタケ栽培”
    (平成27年度受賞)
  • 森林境界明確化支援システム
    森林境界明確化支援システムの開発
    (平成28年度受賞)

[参考]応募の対象分野として考えられる事例

1.森林造成

  • ①低コスト施業システム
  • ②シカなどの獣害対策
  • ③優良な苗木の供給
  • ④機械・道具類の改良
  • ⑤病虫害の防除対策
  • ⑥その他

2.伐木・蔵材・搬出

  • ①低コスト作業システム
  • ②路網開設と維持管理
  • ③機械・道具類の改良
  • ④効率的な間伐作業
  • ⑤その他

3.森林の経営・管理

  • ①施業意志決定システム
  • ②境界明確化
  • ③森林情報整備
  • ④森林の取り扱い方法
  • ⑤効率的で儲かる林業
  • ⑥里山管理
  • ⑦効率的な調査方法
  • ⑧その他

4.その他

  • ①森林・林業教育
  • ②森林環境教育
  • ③生物多様性保全
  • ④カーボンクレジット問題
  • ⑤その他